製作フローのご紹介

オーダーメイド製作まで

オーダーメイド木製時計は、お客様のご要望やデザインをもとに製作しています。
ここでは、デザインが決まっていない製作のフローをご紹介します。

キャラクタ部分を中心に記載していきます。それ以外は大きく端折っています(^^;

メインとなる修飾(キャラクタ)の検討

お客様より『歯ブラシ、ねり歯磨き(歯磨き粉)や歯のイラストを載せたい。』とご要望をいただきました。

下書き

検討のもとになるデータが何もない場合、こういった感じで鉛筆スケッチをすることもあります。
用紙1枚で終わらない事が多いので、裏紙利用です(^^;
エコですよね(^^;

ある程度の構図を決めたら、この鉛筆スケッチを基にイラストデータを作成します。
自動変換できれば良いのですが、これも手描き作業です(^^;

その後、時間数字やその他の文字を追加し、時計イメージの作図を行い、お客様へご提案します。

製作費のお見積り金額や製作期間もあわせてご連絡します。

図案1

今回のデザインだと、四角型の時計筐体ではややイメージが異なるので、カド面を丸めて柔らかさを出しています。

時計図案の修正

イラスト部分や文字の大きさや色、あるいは文字の形状、配置のバランスなどお客様のご意見を反映させます。

図案2

ご納得いただけるまで何度でも対応可能です(^^

図案3

最終図案が完成すると製作の開始となります。

製作開始

ここから実際の製作になります。
時計筐体部分や文字部分の製作もありますが、鉛筆スケッチから始まった修飾物に着目しています。
 
厚さ 3mm~4mm程度の薄い板を形状通りに切り取ります。
切り取ったままだとバリ(ささくれや必要のない出っ張り)が出来ますので、パーツ一つ一つを丁寧に研磨します。

デザインカット

着色

パーツ一つ一つに色を塗っていきます。

ペイント

パソコンを用いた図案とは異なり、実際の着色は、ほとんどが配合の混合色で行っています。
また、同じ塗料でも下地となる板によっても微妙に色合いが違ってきます。
・・・そこはどうぞご了承くださいm(__)m

ペイント完了

色塗り終わり(^^)

仕上げに表面保護のためウレタン塗料を塗っています。
表面もツルツル(^^)

仕上げ塗装

時計の組み立て

時間数字や時計筐体への修飾(焼き入れ、着色)も完了すれば、すべてのパーツを張り付けて完成です。

完成

時計筐体部分の修飾として、上部には気球を入れました。

地元佐賀県からのご注文でしたので、30年超続いている佐賀の風物詩ともいえるバルーンフェスタの気球(^^)
左下には、やや蚊帳の外的な雰囲気を持たせたバイキン君を入れています(^^)