時計が止まる!時間が遅れる!

時計針の接触?
時計の針が原因になっている場合が多いです。
時計針をセットした後、裏面の時刻調整ダイアルを回し、時計針に接触がないかご確認ください。
時計を側面から見ると確認しやすいです。
 
40cm級以上の大型時計で長めの時計針を使用している場合、時計針取り付けの少しの歪みで接触することがあります。
時計本体と時計針が平行になるよう調整をお願いします。

時計針がしっかり差し込まれていないケース
時計針同士の接触がない場合でも、時計針の差し込みが弱いと時間の遅れが生じる場合があります。
動いているけど、時間が遅れるという現象の時は、時計針がしっかり差し込まれているかご確認ください。
 
日常生活の中で、自分で時計針を差し込む行為が稀ですので、力の加減がわからず不安だとは思います。
どれくらいの力で取り付ける!と明確に表現できず申し訳ございません💦
電池が逆むき?
ごく稀ではありますが、、
電池のプラズマイナスを逆にセットされていた場合もありました。

今まで動いていたが、電池交換後に動かなくなったという場合には、一度電池の向きをご確認ください。
注意
当店で製作している時計は、時計針が剥き出しの時計です。
電池交換時、確認時に時計を裏返しに置かないようお願いします。
時計針の破損、中心軸への圧力によりムーブメント破損の危険があります。