時計の針の取り付けについて

当店で製作する木製時計は市販されている既成時計と異なり「時計針が剥き出し」の時計になります。

完成した時計を発送する際、時計針の曲りや破損リスク軽減するため、時計針は取り外した状態でお送りいたします。
『時計針の取り付け方法』を記載した用紙もお付けしております。

注意
時計は裏返しに置かないようお願いします。
時計針の破損、中心軸への圧力によりムーブメント破損の危険があります。
電池交換時も同様にご注意ください。

まず最初に

同梱している時計針をお手元にご用意ください。
時針(短針)、分針(長針)、分針キャップの3種類です。

時計の表面を上に向けて、水平な場所へ置いてください。

時針(短針)を12時の位置にあわせて取り付ける

一番奥まで強く差し込む必要はありません。
適度の力でに止まる範囲で押し込んでください。
時計軸の左右から両方の親指を使って、均等な力で力を加えるとスムーズに差し込めます。

12時の位置(真上)がベストですが、多少ズレていてもかまいません。
取り付けた後に、裏面の調整ダイアルで12時の位置に合わせても大丈夫です。

その際、時計を裏返しにパタンと置かないようご注意ください。針の破損、ムーブメントの破損につながります。
差し込み後は、時計と並行になっているかご確認ください。

分針(長針)を12時の位置(真上)にあわせて取り付ける

時針(短針)と同じ要領で分針(長針)も差し込みます。
必ず12時の位置に差し込んでください。

調整ダイアルで調整をすると、既に設置した時針(短針)が動いてしまいます💦

針どうしの接触がないかチェック

時計針は非常にデリケートですので、取り付けの際に多少曲がる場合があります。
時計を側面から覗き込み、時計針どうしが接触していないか確認してください。

時間をあわせる

裏面の調整ダイアルで現在の時刻まで調整します。
時計針が回転する際に、時計針どおしの接触がないか再度確認してください。

分針キャップを取り付ける

分針キャップを時計軸の中心にはめ込みます。
方向はありませんので、上から時計軸中心のピンに合わせてかぶせてください。

乾電池の取り付け

電池のプラスマイナスを逆にしないようお気を付けください。